ご案内

『世界遺産にまなぶ』のサイトへようこそ!
世界遺産とは、1972年のユネスコ総会で採択された「世界の文化遺産及び自然遺産の保護に関する条約」(世界遺産条約)に基づいて、世界遺産リストに登録された遺跡や景観そして自然など、人類が共有すべき普遍的な価値をもつものを指します。 第31回世界遺産委員会(2007年)終了時点で、世界遺産は851件登録されていますが、その内訳は文化遺産660件、自然遺産166件、複合遺産25件である。一見して明らかな通り、文化遺産の登録数の方が圧倒的に多く、地域的にはヨーロッパの登録数が突出している。 このサイトでは、いろいろな視点から世界遺産をながめてみたいと思います。
スポンサードリンク

日本の世界遺産一覧(リスト)

日本には現在、11の文化遺産と3つの自然遺産、合わせて14の

世界遺産が登録されています。

*世界遺産とは
*ユネスコとは

登録年 種類  世界遺産名(所在都道府県)
1993 自然遺産 白神山地(青森県、秋田県)
1993 文化遺産 法隆寺地域の仏教建築物(奈良県)
1993 文化遺産 姫路城(兵庫県)
1993 自然遺産 屋久島(鹿児島県)
1994 文化遺産 古都京都の文化財(京都府、滋賀県)
1995 文化遺産 白川郷・五箇山の合掌造り集落(岐阜県、富山県)
1996 文化遺産 広島の平和記念碑(原爆ドーム)(広島県)
1996 文化遺産 厳島神社(広島県)
1998 文化遺産 古都奈良の文化財(奈良県)
1999 文化遺産 日光の社寺(3物件)(栃木県)
2000 文化遺産 琉球王国のグスクおよび関連遺産群(沖縄県)
2004 文化遺産 紀伊山地の霊場と参詣道(和歌山県、奈良県、三重県)
2005 自然遺産 知床(北海道)
2007 文化遺産 石見銀山遺跡とその文化的景観(島根県)

 





 

TOPPAGE  TOP 

カテゴリー

サイト内検索